サムライ商会

刀 武蔵住吉原国家作(吉原荘二)(無鑑査刀匠) 昭和五十八年八月吉日電光影裡斬春風 
Katana [Yoshiwara_Kuniie](3ganeration)(mukansa)



保存刀剣
NBTHK Hozon

品番No-sw24118
価格(Price) 1,500,000円(JPY)
ご予約済 HOLD

刃長 Blade length 73.9cm(二尺四寸三分半)
反り Sori 2.3cm
元幅 Width at the hamachi 3.45cm
元重 Kasane 7.7mm
先幅 Wide at the Kissaki 2.45cm
先重 Saki kasane 6mm
目釘穴 Mekugi 1
時代 Jidai 昭和五十八年(1983年) Showa era(A.D.1983)
産地 Country 東京都 Tokyo
注文する/Order

特徴:吉原国家刀匠は昭和20年生まれ、東京葛飾区住 本名を吉原荘二、吉原義人の弟で、祖父の初代国家について作刀技術を習得、昭和40年に文化庁より作刀承認を受け、新作名刀展に於いて数々の特賞を受賞し、昭和57年に37歳の若さにして刀匠会の最高位である無鑑査、後には東京都無形文化財保持者に認定され、1995年(平成7年)に全日本刀匠会常務理事となり、1999年(平成11年)には靖国神社にて鍛刀実演。2002年(平成14年)に全日本刀匠会副会長、2008年(平成20年)に同会長に就任した、さらに、2003年(平成15年)には明治維新直後の侍を描いた映画「ラストサムライ」に刀匠役で出演するなど、様々な形で日本刀の普及・発展に貢献した、2023年5月28日没。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る