サムライ商会

刀 決雲軒古沢氏義正作(土佐) 明治二年五月吉日
Katana[Furusawa_Yoshimasa]



保存刀剣
NBTHK Hozon

特別貴重
Tokubetsu Kicho

品番No-sw21101
価格(Price) 650,000円(JPY)

刃長 Blade length 69.6cm(二尺三寸弱)
反り Sori 1.5cm
元幅 Width at the hamachi 3.45cm
元重 Kasane 8.5mm
先幅 Wide at the Kissaki 2.45cm
先重 Saki kasane 6mm
目釘穴 Mekugi 2
時代 Jidai 明治二年(1869年) Meiji period(A.D.1869)
産地 Country 土佐国 Tosa
重さ Weight 1282g(鞘を払った重さ)
注文する/Order

特徴:決雲軒古沢氏義正は土佐勤王派志士。本名、古沢義正。通称、八左衛門。号、南洋。父、土佐藩家老深尾氏の家臣井原源三郎。古澤与一左衛門の養子。高知出身。年少で江戸に出て、平山行蔵の子平山栄三郎に師事し文武を修め、帰国して佐川の名教館教授となり、多くの門下生を指導する。文久元年(1861)武市瑞山(半平太:1829-1865)が勤王党を結成すると一族でこれに参加。門弟と共に国事に奔走する。文久3年(1863)息子古澤圭一郎・古澤迂郎兄弟・井原応輔(1843-1865)・浜田辰弥(田中光顕)・橋本鉄緒(大橋慎三)・那須盛馬(片岡利和)を上京させ、翌元治元年(1864)浜田・橋本・那須らが脱藩するに当たり下獄。維新後許され東京に移る。子に岩神圭一郎(長男)。古澤滋(迂郎)(次男)がいる。正五位。67歳没。師は南海太郎朝尊で朝尊が安政五年に土佐へ帰郷した際に作刀を学んだ。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る