サムライ商会

刀 武蔵國高砂住吉原恒家作(吉原國家) 昭和庚戌歳八月日 (栗山与九郎祐定写し)(無鑑査)
Katana[Yoshiwara_Kuniie](Kuriyama Yokurou_Sukesada)(Mukansa)


品番No-sw19143
価格(Price) 1,200,000円(JPY)

刃長 Blade length 64.7m(二尺一寸三分)
反り Sori 1.8cm
元幅 Width at the hamachi 3.25cm
元重 Kasane 8.5mm
先幅 Wide at the Kissaki 2.3cm
先重 Saki kasane 5mm
目釘穴 Mekugi 1
時代 Jidai 昭和四十六年年 showa(A.D. 1971)
産地 Country 東京都 Tokyo
注文する/Order

特徴:吉原国家刀匠は昭和20年生まれ、東京葛飾区住 本名を吉原荘二、祖父の初代国家について作刀技術を習得、昭和40年に文化庁より作刀承認を受け、新作名刀展に於いて数々の特賞を受賞し、昭和57年に37歳の若さにして刀匠会の最高位である無鑑査、後には東京都無形文化財保持者に認定され、さらに、全日本刀匠会会長職も歴任されています本作は昭和四十五年に奨励賞を受賞し、賀陽恒憲殿下より恒家銘を受けた頃の作品で、与三左衛門尉祐定の最高傑作と言われている重要文化財の栗山与九郎祐定を写した作品です。本作の天正縁は金工師 片山重恒の作品。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る