サムライ商会

脇差 一平藤原安貞(一平安代の父) 
Wakizashi[Itibohira_Yasusada]

保存刀剣 
NBTHK Hozon

品番No-sw16307
価格 販売済
SOLD

刃長:43.4cm(一尺四寸三分強)
反り:0.4cm 
元幅:3.25cm
元重:7.5mm
先幅:2.25cm
先重:5.5mm
目釘穴:1
時代:江戸時代 天和1681年
産地:薩摩国
体配:鎬造、庵棟、中切っ先
刃文:湾れ
肌:小板目肌、地沸え付く
帽子:小丸

Blade length:43.4cm
Sori:0.4cm
Width at the hamachi:3.25cm
Kasane:7.5mm
Wide at the Kissaki:2.25cm
Saki kasane:5.5mm
Mekugi:1
Jidai:Edo era(A.D.1681)
Country:Satsuma
Shape :shinogi-zukuri Wakizashi
Hamon :Notare
Jitetsu :itame
注文する/Order

特徴:一平安貞は慶安四年、中村清貞の三男として生まれ、初め真貞と称したが、57代大和守安行の門に入りその一字をもらって安貞と改めたという。宝永7年山城掾を受領したというが、刀銘には山城守と切っている。その後、正徳元年に至って、領主肝付氏の命によって、同藩の名家である玉置氏を名乗ることとなり、中村姓を改めた。一平は安貞の通称であったという。一平安代は彼の長男にあたる。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639