サムライ商会

刀 安房國昭房 昭和三十年十一月吉日応伊藤輝夫需 
Katana[Ishii_Akifusa]

保存刀剣 
NBTHK Hozon

品番No-sw16103
価格 販売済
SOLD

刃長:69.7cm(二尺三寸)
反り:1.9cm 
元幅:3.5cm
元重:8mm
先幅:2.45cm
先重:6mm
目釘穴:1
時代:昭和30年  1955年
産地:千葉県
体配:鎬造、庵棟、猪首切っ先
刃文:互ノ目乱れ、砂流し掛かる
肌:小板目肌、地沸え付く
帽子:掃き掛け小丸
重さ:1094g(鞘を払った状態)

Blade length:69.7cm
Sori:1.9cm
Width at the hamachi:3.5cm
Kasane:8mm
Wide at the Kissaki:2.45cm
Saki kasane:6mm
Mekugi:1
Jidai:Edo era(A.D.1955)
Country:Chiba
Shape :shinogi-zukuri Katana
Hamon :Gunome
Jitetsu :itame
注文する/Order

特徴:安房國昭房は本名を石井昌次、明治42年生、子供の頃から鍛冶屋の真似が大好きで太い釘のようなものを焼いては小刀などを作って遊んでいたといいます、昭和10年に栗原彦三郎昭秀の日本刀鍛錬伝習所に入門し、入門早々文部省後援の展覧会で「総裁名誉賞」を受賞する、翌年の昭和11年には最高賞の「文部大臣賞」を受賞した。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639