サムライ商会

太刀 昭和二二十八年十月吉日遠藤光起謹作之(無鑑査刀匠) 
神宮式年御遷宮御神宝鍛刀餘鉄

Tachi [Endou_Mitsuoki] (Mukansa)

保存刀剣 
NBTHK Hozon

品番No-sw15107
価格 販売済
SOLD

刃長:78.7cm(二尺六寸)
反り:0cm 
元幅:2.5cm
元重:5.5mm
先幅:1.55cm
先重:4mm
目釘穴:0
時代:昭和四十四年 1969年
産地:越後国
体配:両切刃造、丸棟
刃文:湾れ、刃中金筋入る
肌:板目肌、地沸え付く
帽子:直で焼き詰め


Blade length:78.7cm
Sori:0cm
Width at the hamachi:2.5cm
Kasane:5.5mm
Wide at the Kissaki:1.55cm
Saki kasane:4mm
Mekugi:0
Jidai:Showa era A.D.1969
Country:Echigo
Shape :Kiriha-zukuri
Hamon : Notare
Jitetsu :itame
注文する/Order

特徴:遠藤光起は本名を遠藤仁作、明治37年生 はじめ独学で作刀するがの栗原彦三郎の日本刀鍛錬伝習所に入門する、栗原彦三郎の聖代刀匠位列では、遠藤光起を最上大業物、検査役格と評している。
本作は伊勢神宮式年遷宮式御神宝を作刀した時の余った鐵で造られた作品で非常に珍しいです。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639