サムライ商会

脇差 清里軒正智 慶応三年八月日
Wakizashi [Masatomo]

保存刀剣 NBTHK Hozon 
品番No-sw10320
価格 販売済
SOLD

刃長:38.5cm(一尺二寸七分)
反り:0.6cm 
元幅:2.8cm
元重:7.5mm
先幅:2.5cm
先重:6.5mm
目釘穴:1
時代:江戸時代 慶応三年 1867年
産地:備後国
体配:薙刀直造、庵棟
刃文:互ノ目に丁字交じり、足入る
肌:板目肌、地沸え付く
帽子:直で先小丸

Blade length:38.5cm
Sori:0.6cm
Width at the hamachi:2.8cm
Kasane:7.5mm
Wide at the Kissaki:2.5cm
Saki kasane:6.5mm
Mekugi:1
Jidai:Shouwa era(A.D.1867)
Country:Bingo
Shape :Naginatanaoshi-zukuri Wakizashi
Hamon : Gunome Hamon
Jitetsu :Itame
注文する/Order

特徴:清里軒正智は、備後国尾道の刀工で本名 小林貞兵衛といい、現在の広島県尾道市十四日元町の中国銀行尾道支店付近に、鍛冶町があり、そこで作刀したと伝えられている。当時は鉄は戦略物資で、尾道奉行所が鉄の管理をし、鍛冶屋の棟梁に材料を分け与え、碇や武具の生産を行っていた、表題の作品は、慶応年間の作品で 、戊辰戦争時、長州藩が尾道港に上陸、占領し、その管理の中で、作刀された作品と鑑せられ、当時の流行した、薙刀風の復古刀で、焼刃は、となりの福山藩の横山祐儀風の刃を焼き上げた 意欲作。白鞘を新調し、最近研ぎ上げた、みずみずしい姿です。保存刀剣鑑定書付き。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639