サムライ商会

 太刀 助国作(国分寺) 
Tachi [Kokubunji_Sukekuni]

 特別保存刀剣 
NBTHK Tokubetsu_Hozon


品番No-sw09122
価格 販売済 SOLD

刃長:71.4cm(二尺三寸五分半)
反り:2cm 
元幅:2.85cm
元重:6mm
先幅:1.95cm
先重:5mm
目釘穴:2
時代:鎌倉時代末期
産地:備後
体配:鎬造、庵棟、中切っ先
刃文:直刃、足入り二重刃交じる
肌:板目肌詰んで大肌交じり地沸え付き乱れ映り立つ
帽子:直で先小丸
茎:区送り

Blade length:71.4cm
Sori:2cm
Width at the hamachi:2.85cm
Kasane:6mm
Wide at the Kissaki:1.95cm
Saki kasane:5mm
Mekugi:2
Jidai:Kamakura era
Country:Bingo
Shape :shinogi-zukuri Katana
Hamon : Suguha
Jitetsu :Itame
注文する/Order

特徴:国分寺助国は鎌倉末期の刀工、「古今銘尽」などには助国を法華鍛冶一類の流祖とし、三原物とは別に備後国葦田郡物なる系図を挙げている。古来、助国については備前鍛冶とする説もあり、「古今銘尽大全」には備前国分寺同人、備後安邦郡東条住とあって、備前の助国が備後の地に移住したようにとれる。彼の違例に見られる名文には助国・助国作・備州国分寺住人助国などがあり名鑑にはこれらの他に備後国安邦郡東条助国・備後国安邦郡東条住右近助国作・備後国安邦郡東秦助国などを載せており鎌倉時代より南北朝期にかけて備州住と切る場合は殆どが備後国を指すことから、彼の銘文には備前鍛冶であることを示すものは見あたらない。しかもこの安邦郡は備後の国分寺があったところであり、備前国分寺と記す伝書は備州国分寺の誤記ではないかとする意見もある。然しながら彼の作風には古三原に近以した手の他に備前気質を示す刃文のよく働いた作域の二様があることが注目される。

123457

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639