サムライ商会

 刀 備前介藤原宗次 明治二年五月日(固山宗次)
Katana [Koyama_Munetsugu]

保存刀剣 
NBTHK Hozon

品番No-sw09116
価格
販売済
SOLD

刃長:68cm(二尺二寸四分半)
反り:1.0cm 
元幅:2.9cm
元重:7mm
先幅:2cm
先重:5mm
目釘穴:1
時代:明治二年五月(1869年)
産地:武蔵国
体配:鎬造
刃文:匂出来、互の目丁字乱れ
肌:小板目肌よく詰んで地沸細かに付く
帽子:乱れ込んで先小丸
茎:生ぶ

Blade length:68cm
Sori:1.0cm
Width at the hamachi:2.9cm
Kasane:7mm
Wide at the Kissaki:2cm
Saki kasane:5mm
Mekugi:1
Jidai:Meiji era (1869)
Country:Musashi
Shape :shinogi-zukuri Katana
Hamon : Gunome and Chouji
Jitetsu :itame(small itame hada)
注文する/Order

特徴:宗次は奥州白河に生まれ、加藤綱英に鍛刀を学んだ。名は宗兵衛といい、精良斎と号した。江戸へ出て桑名藩の抱え工となり、備前介を受領した。宗次は新々刀期において、備前伝の技量の最も優れた刀工の一人であり、本作にはその典型的な作風である。

1234567

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639