サムライ商会

脇差 常陸守藤原廣辰 
Wakizashi [Hitachinokami_Hirotoki]

特別保存刀剣 
NBTHK Tokubetsu Hozon

品番No-sw08309
価格 販売済
SOLD

刃長:44.3cm(一尺四寸六分強)
反り:1.3cm 
元幅:3.3cm
元重:7mm
目釘穴:1
時代:江戸(慶長頃)
産地:美濃国〜尾張
体配:菖蒲造り、庵棟
刃文:湾れに互の目、沸え付き、小足入り
肌:板目肌やや流れごころで杢交じり、地沸え付く
帽子:直で先小丸
茎:生ぶ

Blade length:44.3cm
Sori:1.3cm
Width at the hamachi:3.3cm 
Kasane:7mm
Mekugi:1
Jidai:Edo era
Country:Mino
Shape :Shinogi-zukuri wakizashi
Hamon : Gunome hamon.
Jitetsu :Itame hada
注文する/Order
特徴:常陸守藤原廣辰は美濃得印派の刀匠で戦国時代最末期から江戸時代初期にかけて活躍した刀工、得印派は関七流のひとつで道阿弥兼久の養子、又六兼安から始まり兼安の法号を得印といったのでこの派を得印と称したとされていますが兼久をもって始祖とする説もあります。廣辰は慶長期に今の美濃市である関の上有知に住、七郎入道を号し尾張でも作刀し慶長期の得印派を代表する刀匠です。また斬れ味鋭く山田浅右衛門によって良業物に選ばれています。本作は刃中にごく小さな鍛え傷があります。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
232-0061 横浜市南区大岡1丁目67-16-1
TEL045-341-4638
FAX045-341-4639