サムライ商会

刀 (菊紋)三品伊賀守 安堵順継
日本鍛冶宗近藤原金道(四代) 寛延巳己歳六月廿八日
[Iganokami _Kindou]

保存刀剣 NBTHK Hozon
品番No-sw08120
価格販売済

刃長:69.5cm 二尺三寸
反り:1.8cm 
元幅:3cm
元重:7mm
先幅:2.1cm
先重:5mm
目釘穴:1
時代:江戸中期 享保頃 1716年
産地:山城国
体配:鎬造り、中切先、庵棟、尋常な体配
刃文:互ノ乱れ、砂流し入り刃中よく沸え付く
肌:小板目詰んで地沸え良く付く
帽子:直で先小丸
茎:中心尻僅かつまむ
その他:白鞘入り、素銅地銀着せ一重ハバキ

Blade length:69.5cm
Sori:1.8cm
Width at the hamachi:3.cm
Kasane:7mm
Wide at the Kissaki:2.1cm
Saki kasane:5cm
Mekugi:1
Jidai:Edo era(1716)
Country:Yamashiro
Shape :shinogi-zukuri Katana
Hamon : Gunome hamon sunagashi and Kinsuji work
Jitetsu :Itame hada well grained with Jinie attach
注文する/Order

特徴:伊賀守金道は新刀期から幕末まで続く刀工で、初代伊賀守金道は関兼道の長男、文禄二年に父兼道と兄弟四人で上京し、伊賀守金道(初代)は徳川家康の取次ぎにより日本鍛冶宗匠の勅許をうけ、代々引継がれます。

日本刀販売・通販・刀剣のサムライ商会TOPに戻る

日本刀・刀剣 | 刀装具 | 特定商取引に基づく表記 | 日本刀注文方法 | 日本刀販売規定 | 日本刀お問い合わせ | サイトマップ |日本刀の購入に関して

サムライ商会
235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村 4-3-4A
TEL045-516-8233
FAX045-513-9510